求人需要が高まっている施工管理者

カテゴリ

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

施工管理の求人情報でチェックしておくこと

施工管理とは電気工事や土木工事など、現場の管理をする仕事です。使っている資材や品質、提案した図面通りに工事が進められているかなど、現場全体の流れを見て指導します。男女の比率は圧倒的に男性が多いですが、女性の施工管理者も以前に比べて増加しているようです。
施工管理は現場のチェックをするほかに、デスクワークもあります。そのためパソコンが使えると有利です。使えない、慣れていないとむずかしいと言われています。また、現場スタッフとうまくやっていくコミュニケーション能力も必要です。人と接することが好きな人に向いています。
施工管理の最大の魅力は給料が高いことです。求人情報では手取りをチェックしておきましょう。また、ボーナスや昇給の有無も確認しておくべきです。頑張り次第で給料が上がるなど、目的があるとやる気もアップします。
休日は、週休2日と完全週休2日の違いを理解しておきましょう。完全とつくのは毎週2日休めるという意味になります。つかないのは1ヶ月に1回以上週に2日休める日があるという意味です。有給休暇が何日あるかも見ておきましょう。家族と休みが合わせられるように年末年始、お盆休みなど、まとまった休みがあるかも確認しておきたいところです。

施工管理の求人が好待遇な理由

東日本大震災や熊本地震などの災害復興工事や2020年の東京オリンピック関連工事が盛んに行われている影響で、建設業界では施工管理が出来る人が不足しており、求人倍率や給料が上昇しています。特に土木業界などにおいては、施工管理の国家資格である施工管理技士の資格を持っている人に対する需要は高く、大手ゼネコンなどでも驚くような好条件で採用を行っています。では、なぜこのようなことになっているのでしょうか。
土木をはじめとする建設工事を請負う場合、建設業法の定めにより監理技術者や主任技術者を現場に配置しなければいけません。そして、それらの技術者になることが出来る資格の一つとして施工管理技士があります。また、ある工事で監理技術者や主任技術者となった人は、よほど請負額が安い場合を除き、その工事に専任しなければいけないため、他の工事の技術者になることはできません。
そしてこれらの技術者はアルバイト契約や名義貸しでなることは建設業法で禁止されており、正社員として契約をする必要があります。そのため、監理技術者や主任技術者がいなければ工事を請負うことが出来なくなることから施工管理技士の資格を持つ人が必要となり、工事の件数増加や建設業の担い手の不足も影響して、施工管理技士の好条件での求人が増えているのです。

求職者の求める建設関連の案件をご紹介します。 建築求人.jpの利用に料金は一切必要ありません。 求人案件数は市況の上昇により前年比約180%です。 都道府県、地域問わず、全国の求人情報を取り扱っています。 お客様のご要望とスキルに合わせた求人を紹介しています。 未経験者から建設40年のベテラン技術者まで、さまざまなメンバーが活躍しています。 施工管理の求人情報は「建築求人.jp」で!

記事リスト

2017年10月18日
施工管理の求人を応募する方法を更新しました。
2017年10月18日
施工管理求人に応募するのに必要なものを更新しました。
2017年10月18日
高い能力を求められる施工管理の求人を更新しました。
2017年10月18日
高給が期待出来る施工管理の求人を更新しました。