高い能力を求められる施工管理の求人

カテゴリ

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

施工管理の求人に見られる傾向

首都圏方面では住宅の建築依頼をする人が豊富にいて、猫の手も借りたいほど忙しいです。建築現場では施工管理の人員も不足しているので、ネットや地域内の安定所などで求人の広告を出しています。求人に応募するのは主に都内に住んでいる施工管理の資格を持つ人達です。建築会社の中にはブランクがある人も採用する動きが出ています。かつての勘を取り戻せば、十分戦力になると判断したのが採用理由です。
施工管理を求めている会社の中には、高い給料を呈示して募集者を求めている所もあります。年収換算にすれば600万以上は当たり前となっており、人手不足となっていることが分かります。更に各種賞与や何らかの手当も加算されるため、働き続ければ高給を得られるのが特徴です。日本全国で家を建てたい、または建物を建築したいと希望する人が殺到しているので、この状況はまだしばらくの間は続きそうです。
田舎の方では地価の安さに目をつけた人達が、土地の購入と同時に家を建設する傾向が見られます。その動きが活発化しているので、施工管理の仕事をする人が足りない状況になっています。なので、田舎の方でも施工管理の求人募集をしている所を見ることが可能です。
募集はどこでもしていますが、共通しているのは給料が高いことです。20代の若い施工管理技師でも500万近い年収を得ることができるので、資格を目指す人が急増している可能性もありそうです。

施工管理の建設現場での仕事内容

仕事内容は作業現場内における安全や品質の管理、スケジュール通りに納期を完了させるなどです。特に大変なのが安全に関する部分で、天気への対策として日常的にラジオ放送を聞いている施工管理技士もいるほどです。品質の維持や納期を守るのも重要な役目なので、実績や経験が豊富な施工管理技士を欲しいと希望する所は沢山あります。
仕事場所は建築現場付近に建てられた仮の小屋か会社の中です。机に向かってノートPCを使いながら、現場の状況を確認しつつスケジュール調整や作業工程のデータを入力します。天気が曇ってきて雨が降りそうな場合は、現場監督に対してその旨を伝えたりします。
現場監督としての施工管理技士の場合は、仕事の納期を厳守する、従業員の安全を守るなどの役目も任されます。例えば夏場に家を建てている際にゲリラ豪雨に見舞われたとします。この時は従業員をすぐに高い所から降りさせ、安全な所に避難させるのが普通ですが、これも施工管理の仕事です。場合によっては、働く人達に声をかけて指示を出す必要もあるので、大きな声を出す能力も試されます。
規模が大きい所では、施工管理の役目を複数の人達が分担しながら行っています。1人で全てを管理するのは難しいので、上手いやり方と評価できます。

記事リスト

2017年10月18日
施工管理の求人を応募する方法を更新しました。
2017年10月18日
施工管理求人に応募するのに必要なものを更新しました。
2017年10月18日
高い能力を求められる施工管理の求人を更新しました。
2017年10月18日
高給が期待出来る施工管理の求人を更新しました。