高給が期待出来る施工管理の求人

カテゴリ

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

施工管理求人の探し方

地域内にある安定所に行きPCで施工管理と入力すれば、求人情報が出てくることがあります。出てきた求人票を調べて通勤できると判断したら、印刷して受付に持って行きましょう。受付に印刷した紙を手渡せば、電話をかけて面接の手続きを代行してくれます。
地域内に建設会社がある場合は、まずネットでその会社名を検索しサイトを出します。そしてサイトを隅々まで見て募集情報に関する書き込みがないか調べます。更新情報か、仲間達募集のお知らせの付近に施工管理求人についての情報が見つかりやすいです。要望通りの情報があった時は、メールで連絡を入れるか掲載してある電話番号を使って電話をかければ面接の手続きができます。建設会社は土日を休みにしていることもあるため、メールで連絡すれば返信が来るまで時間がかかる可能性が高いです。
ネットで施工管理求人と検索すれば、対応したサイトが沢山出てきます。中には高い給料を得られると見出しに書いて募集をしている所もあります。それらのサイトに入ると、労働時間や入社後に加入できる各種保険などの待遇に関する情報が載っています。応募する時は問い合わせの所をクリックし、個人情報を入力する所に書き込んで送信を押せば完了です。送信をした後は早ければ数時間以内、遅くても1日以内にはメールで連絡が来るので、書かれた時刻通りに面接に行きましょう。

施工管理求人に採用された時の仕事内容

例えば建築会社の施工管理求人に応募し、採用が決まり働き始めたとします。採用後は建築現場の作業内容の確認、従業員達がきちんと働けているかの調査、仕事場所の安全かどうかの点検などをします。あと、PCを使ってスケジュール表、打ち合わせ用の書類を作るのも施工管理の仕事です。やることが豊富にあり暇な状態が少ないことから、施工管理技士の給料はかなり高めに設定されています。
普段はPCの前にいて作業をしますが、外に出向いて現場の状態を見に行くのも役目です。例えば従業員達が働いている現場に雨が降ったとします。雨が降って来た時は足元が滑りやすいので、この時は現場監督の所に行き工事の中断を伝えます。監督はその発言を受け入れると、働く人達の安全のため工事の中断してくれます。このように、従業員が安全に働ける場所かどうかを確認するのも仕事です。作業を中断させたあとは、スケジュール調整をしないといけないので、PCの所で予定を組むことになります。
仕事の依頼者との交渉の現場にも立ち会います。依頼者からいつ完成するのかについて聞かれたら、施工管理にしか答えられないからです。納期に関する書類ができている時は、それを手渡しながら教えることもあります。

記事リスト

2017年10月18日
施工管理の求人を応募する方法を更新しました。
2017年10月18日
施工管理求人に応募するのに必要なものを更新しました。
2017年10月18日
高い能力を求められる施工管理の求人を更新しました。
2017年10月18日
高給が期待出来る施工管理の求人を更新しました。